2007年3月26日月曜日

Microarchitectureのお話

大原雄介氏の「セカンド・オピニオン」より。
http://journal.mycom.co.jp/column/sopinion/188/


Intelは、Core Microarchitectureを「全く新しいアーキテクチャ」として大々的に宣伝しているが、個人的にはCore
Microarchitecrureは「完全64bitアーキテクチャまでの中継ぎ」ではないかと思っている。中継ぎアーキテクチャであれば、コア部はIPCが3程度あれば十分K8に拮抗できる。後はキャッシュの能力でK8に勝てると見なしたのだろうし、事実勝っていると思う。
結構面白い考察。Microarchitectureでだいぶ改善したIPCも、Intel的には「中継ぎ」というご意見。

ちなみに、IPCといってプロセス間通信やプロセッサ間通信を思い浮かぶ辺り、我ながらまだまだだと思う今日この頃。